農に思う / 自然農 ほったらかし農 食べられるジャングル

農に思う / 自然農 ほったらかし農 食べられるジャングル

富山に移住して畑を始めた MEOTOですが、初心者ながら農についてsaihateの想ったことを。 とにかく、植物を育てるのは根源的なことに気付けて面白い。 色々な人の話を聞くと、農業に対しても各自のノウハウや独自のやり方があって面白い。 自然農を実践する人も多くて、この話がまた面白い。 自然農、またの名を「ほったらかし農業」。 無農薬はもちろんとして、無耕、無肥料ってやり方。 耕さず、肥料もあげない、なんなら雑草もそのまま・・・つまり、放置プレー! 自然を信じて放っておくんです! というより、自然に任せて人間はあるべきかたちを頂きます〜、って感じかな? さらには、鎌倉山のジュンペイに教えてもらった食べれるジャングル(フードジャングル)って構想は「バランス良い自然の森の中で生物と食物なんかが全部が勝手に循環する」って具合。 究極の放置プレーだねw これはなかなか究極なんで、また後日ゆっくりとw 自然農は人によって違いはあれど「その土地に合った作物をその土地を活かしたやり方で栽培すれば、なる様になるっしょ!」ってやり方。 自然界はもとからそうやって成り立ってるんだから、当然といえば当然なんだけど。 土地を耕すって事は、その土壌の草&虫&微生物&etcの生態系を破壊するって事でもある。 視点をちょっとミクロにすれば「山にトンネル掘って生態系が壊れる〜」ってのをやってる訳。 一発...